FC2ブログ

ミスミソウ映画感想まとめ

ミスミソウ、「猟奇的中学生」じゃない!!って見出しにプンスカしたけど、その見出しにつられて「女子中学生のスプラッターかな?ニヤニヤ」と寄ってきた人をボコボコにして地面に叩きつける役割になるかもしれねえ……

ミスミソウ予告編出てるうううううううううううううううううわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ現実(死)

ミスミソウの予告編がでましたよ…

あーーーーーーーーーーっミスミソウ予告編除雪車ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ミスミソウ何回か観に行こうとおもってるけど予告編の熱量からして一回でいっぱいいっぱいになったらどうしよう…

ミスミソウ完成披露上映会終わりましたミスミソウ原作をずーーーーーーーーーーっと好きでいた身として申し上げますがけっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっさくです

ミスミソウ映画、原作ファンも観に行った方が良い、良質な実写化でありながら余韻が通常版とも完全版とも違う、しかし原作を壊さないあわわわわわ #ミスミソウ

ミスミソウという漫画が、形をあまり変えずに余韻を違うものにしていけるの、ほんとすごい。通常版、完全版、映画版と全て違う。そのたびに追加や改変は少しだけあるものの全く軸や根底を壊さない。いち原作ファンとしては映画のソレには「!!!!(滂沱の涙)」となりました。#ミスミソウ

まず上映前に舞台挨拶があったのできらきらと出てきた美少女と美少年と素晴らしい監督を見られて嬉しいものの今から私たちを待ち受けるものを考えると「終わってからにしてえええええ!!」と若干思う、が、白大谷さん黒清水くん赤山田さんスヌーピー監督がかわいいので良し、となる。#ミスミソウ

山田杏奈ちゃんかわいい顔ちっちゃい!!大谷凜香ちゃんかわいいお人形さんみたい!!清水くんドラマ高校入試から知ってるよ立派な俳優になってすごいよかっこいい!!内藤監督ライチ観てたので監督が実写化と聞いて安心してここまで来ましたタテタカコさん美しい生演奏涙出ました…。 #ミスミソウ

タテタカコさんの「道程」、早く観たくなりすぎるだろうから今までちゃんと聴けずにいたんですけど、今日贅沢にも生演奏を聴いて、本当だなんという春花の曲でありミスミソウの曲なんだ…と力強く全身に響く歌声を感じながら思った。そして観た後の「道程」はさらに苦しく強く光ってた。#ミスミソウ

フォトセッションのタテタカコさんがそっと遠慮がちにパネルに手を添えるのかわいかった。内藤監督、喋るのがめちゃうまい。清水くんのキャラの面白さ(背が高くなったねえ)。山田杏奈ちゃんセトウツミで知りましためっちゃかわいい。大谷凜香ちゃん美しい今後に期待。からの本編である。#ミスミソウ

>ミスミソウ原作ファンへ
相場くんのサービスカットあります。 そしておそらく「道程」がバックグラウンドミュージックとして流れる場面で息をのみます。
#ミスミソウ

ミスミソウ早く公開して皆様に観てほしい!!私はパンフレットを買いたいしあと複数回は観るのでしょう…だって「ミスミソウ」です、夜中に再読して泣き腫らしたり辛くて一度通常版を手放したのち完全版を発売日に買ったりした「ミスミソウ」です。ああ通常版持っておけばよかったあああ。 #ミスミソウ

>ミスミソウ原作ファンへ
あと、腸チラちゃんとあります。

原作知らない山田杏奈ちゃんのファン?らしき男の人たちが喋ってるのをつい立ち聞きしてしまった。ミスミソウ原作未読の方々や、キャストのファンの方々が映画「ミスミソウ」を観たときどんな気持ちを抱くのかどんな感想を言うのかを早く聞きたいよ~。#ミスミソウ

春花、相場、妙子、流美、みーんなについて考えたいことがある。ちなみにしょーちゃんについては、最初に出てきた瞬間に泣きました。 #ミスミソウ

わかってはいたけど観た後の今は全身が疲れていますし、ぼろぼろ泣いたのでまだ顔もぼんやり熱いです。なんという映画なのか、ああ。#ミスミソウ

昨日ミスミソウの映画観たんだよわたし????????? しかも傑作だったんだよ????????? 信じられる????????????? #ミスミソウ

今日は長引いて今から職場の最寄り出るけど、昨日はもうミスミソウの余韻に浸ってたんだなあと思うと、ああ、ああああああ……早くもっかい観たい #ミスミソウ

ミスミソウは私の人生に叩きつけられた漫画で小説版も本当に面白いので押切蓮介×黒史郎トークイベント逃したの死ぬほどつらい……仕事の忙しさに流されている場合じゃなかった……約10年行きたかったイベントかもしれない……行けなくなった方はぜひキャンセル連絡をお店にお願いいたします……涙

とにかく今言えるのは私はミスミソウを本当に凄い力を持った漫画だと思ってるしグロも子供の死も好きではないはずなのにどうしても大好きな漫画だしミスミソウを描いた押切先生をミスミソウと切り離しても大好きだし黒史郎さんは傑作の骨格をそのままに素晴らしい肉付けをしてくれたし映画も最最高高

約10年越し!!!!!!!!!!約10年越しの「押切蓮介先生に、ミスミソウの単行本にサインを書いていただく」という夢が叶った( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;) そしたら押切先生がサインに「10年」って書いてくださった( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

ミスミソウ真宮くん愛用ボウガンです✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨そしてこっちはなんと!相場くん愛用カメラ♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️(わざとらしさダダ漏れで「わあ!青春ものなんだね!」って思う人はいないだろうという開き直り)

タエちゃん、相場くん、春花、バッチバチなスリーショットです。気になる方はミスミソウ原作および小説版、そして4月7日(土)公開の映画を!!!!そしてこれは役者さんたちが実際に使っていた台本で、現場に来られた押切先生が絵とサインを書いてくれてみんなすごく喜んでいたと✨

内藤監督だからこその映画だし絵コンテも似顔絵も監督が描いたの多才すぎるしキャスティングは100中5000ぐらい最高だしみんなかわいくて透明感があるのに劇中では全く違う表情とオーラで演じきっているし映画ミスミソウ公開前に感謝しきってる…
あとメモを読み上げる押切先生かわいすぎじゃない??

大津馬中学3年1組かわいすぎるでしょ、、、、、なにこれかわいすぎるでしょ、、、、、!!!!!!!!!!!!!!そしてその可愛さを噛み締めてる押切先生もかわいいでしょ、、、流美の表情にテンション上がってる黒先生もかわいい、、、、みんなかわいい映画ミスミソウは4月7日公開だよ(語弊)>RT

だいたいのミスミソウのことは私に聞いてください(?)

ミスミソウ初日舞台挨拶来ました✨✨✨

聞いてミスミソウ初日舞台挨拶みんな劇中衣装で出てきて落ち着きかけてた私の涙腺が再び決壊した

ミスミソウ、公開したし、いったんまとめてツイートします。私の人生における傑作漫画の実写化は紛れもない傑作映画になったと思います。限定うちわももらった♥️

ちなみにミスミソウはパンフレットが700円じゃ安すぎる充実具合だから絶対買うんだぞ!あと小説版も買うんだぞ!他もなにか出してくれるならわたしが買います!ディスクはもちろんなんだけど観ながら思ったのはサントラ出るだろうか…🤔?

ミスミソウ映画、キャストの現実の姿(?)が漏れなく可愛いしスマートなので全員に惚れるしか選択肢が残ってない。

【ミスミソウ】ミスミソウは約10年間ずっと心に残っている漫画で、まさかここに来て映画化・小説化・イベントが展開されるとは思っておらず、嬉しい限りです。定期的に漫画のレビューを読んだりツイッターでミスミソウ検索していたのでこんなに日本がミスミソウに溢れてて感無量。

【ミスミソウ】中学生が凄惨に死ぬ姿は辛いけど、トラウマティックで悲劇というだけじゃない、様々な生(なま)の感情と少年少女の切実な生(せい)が伝わってきてずっと好きな作品。その映画化は、内藤監督の時点で不安はほぼ全くなく、キャストも観るのが楽しみな方ばかりで、結果大傑作でした。

【ミスミソウ】ミスミソウ原作、the HIATUSの"Insomnia"脳内PV作ってました。ラストサビの殆ど細美さんの声だけになる"Save me"で相場くんとの再会時に春花にフラッシュバックする光景が右から左に流れます(で言い切った)。ミスミソウが春花だけでなく全員の物語であるようにInsomniaも全員の曲…。

【ミスミソウ_春花】山田杏奈さん数ある夢と職業の中で女優になってくれて本当にありがとうご、と両手を握って深々と頭を下げたい。ミスミソウ実写するなら春花をやれる人はいるだろうかとずっと思ってきたけど杏奈ちゃんしかいなかった杏奈ちゃんで良かった。表情も一挙一動も春花そのものだったし→
【ミスミソウ_春花】画面に佇んでいるときは山田杏奈の美しさが最大限に劇場に放たれながらもそこにいるのは野咲春花だと思えた。女優とキャラクターの絶妙な融合を杏奈ちゃんと内藤監督は成し遂げられたと思います。将来が本当に楽しみな女優さん、初主演をミスミソウにしてくれてありがとう…!

【ミスミソウ_相場】相場役は清水尋也くんと解禁された時の納得感。あの優しさと激情を表現できる若手俳優は誰とソワソワしてたけれど、高校入試や渇きで彼の演技と表情は見ていたので、心配いらない!と公開前から思えて嬉しかった。清水くん本人はムードメーカーなので役とのギャップもにやにや。→
【ミスミソウ_相場】映画は終盤、原作ファンにも見てほしいオリジナルのサービスカットがあります※個人的解釈。1回目はあのモノローグない涙と思ったけど今日観て春花ともう一人を軸とした映画として完結させるには必要な省略だったと思った。ああ相場くん…許せないけど好きだし痛くて可哀想だよ…。

【ミスミソウ_妙子】初演技!初演技に思えなかった!すごく良かった!!あんなに可愛くてキラキラしたモデルさんが選んだ初演技がミスミソウって奇跡か!あの目と表情、あの笑顔。おざなりな喋り方を棒読みじゃなく言うの難しそうなのに。凛香ちゃん今後色んな役出来ますよ超応援してる。大注目!
【ミスミソウ_妙子】原作妙子には苦しく切なくさせられ、映画妙子には涙腺決壊させられました。歌を口ずさむシーンが好きすぎる。内藤監督のあの踏み込みを想定しておらず息を飲みましたが、大拍手です。すごいですあの決断は。私は杏奈ちゃんにもですが大谷凛香ちゃんにも転がり落ちてますかわいい。

【ミスミソウ_流美】流美が一番、押切キャラがそのまま出て来たのかと思う姿形だった気がする。しかし舞台挨拶で出て来た大塚れなちゃん本人のかわいらしさったら。原作の粘り気のある(と思える)喋り方から映画は躁気味の高い喋り方になってたのも違和感なく、映画の勢いを加速させてて良かった。
【ミスミソウ_流美】妙子への気持ちを表す手段が原作と違うのですがあれは内藤監督が手掛けているらしく感激。飾っておきたい。流美母とのやり取りが完璧な再現だった…愛…。あと、妙子に向かっていく姿の躍動感が素晴らしいです。

【ミスミソウ_久賀】スタイルが良い久賀くん笑 黒史郎さんも仰ってたけど彼は黒い悪意があるわけでなくいじめを実行するため最も怖いキャラかもしれず、遠藤くんがそこを演じ切ってて見事。さり気なく妙子を気にする目線もぐっと来る。怯えて後ずさりするシーンも迫真でごくり…と見守ってしまう→
【ミスミソウ_久賀】※少しネタバレ
すごく好きな「殺されかけるって、ちょっと恥ずかしいことなんだな」が映画でなく残念!と初見では思ったのですが、相場くんのモノローグと同じく映画の軸をぶれさせないためには必要な省略だった。遠藤くん本人は柔らかくかわいい、連ドラも出てたし活躍しそう。

【ミスミソウ_真宮】みんな大好きボウガン真宮くん、彼も再現度が高かった。久賀くんと似て非なる純粋さ、田舎の閉塞感へのイラつきを発散させるための悪こそ正しいと思っている人格が、表情や喋り方で忠実に表現されてた。一方で「どこの中学にもいそう」感も出してて大友くんナイスキャスティング。
【ミスミソウ_真宮】というか見た目が真宮くんっぽい。実際の大友くんは発声がよく一生懸命喋ってて愛されキャラっぽく、他の人もそうなのに一番「本人と全然違う!」と思わされた人だった。
※少しネタバレ
みんな大好き腸チラとタンマも持ってる真宮くん、どちらもちゃんと映画にあって最高でした。

【ミスミソウ_池川】みんな大好き池川くん。再現度で言ったら二度見するレベルで池川くん、原作より遠藤くんの方がまだかわいらしさがあるけど。イベントでもお話あったけど最も冷静に大津馬を見ている人、だからこそ春花の異質さ敏感だったのだけど…。上映会ではなかったのに彼がああなるシーンで→
【ミスミソウ_池川】初日では笑いが起こって驚き!確かに良い意味で緊迫感緩まる(?)シーンなのかも。映像独特の間があったし、内藤監督も息抜きを狙ったのかな。舞台挨拶の「なりたい役者像」、遠藤くん言葉に詰まって謝ってたけど、「先入観を取り払う、新しい…」のイメージ伝わりましたよ!

【ミスミソウ_橘】にくたらしかった~しかし舞台挨拶の中田さん声細くておしとやかな雰囲気だったので演技が上手!
※少しネタバレ
映画では最期のモノローグ省略が多かったですが橘さんのたった一言は入れてくれて本当に良かった。「一人ずつドラマがある」と気付かせ、観客をぐっと引きつけた。

【ミスミソウ_加藤&三島】原作より二人でいちゃいちゃしててかわいいし笑、その分「自分の意見がない子」感も強くなってた。彼女たちの後悔を時間をかけて描写してたのが印象的。櫻さんの「アキレス腱を切られました^^」は可愛かったし、紺野さんは役と打って変わってはきはき受け答えしてた。

長々と大量にツイートしてしまいましたが、やっぱりミスミソウが大好きだし映画はその気持ちを昇華させ強くさせてくれた傑作なので、皆さん
是非観にいってください。泣きポイントはたくさんありますがネタバレになるから言えない…エンドロールでキャストの名前が出るタイミングでも泣いてしまう…。

は~~~ミスミソウ舞台挨拶、劇中衣装での登場泣けた~~~ちょうかわいい~~~~

グロ耐性があり15歳以上の方はぜひ「ミスミソウ」を観に行ってみてください。閉鎖的空間での中学生の心の機微、愛という暴力、暴力という愛、理不尽な蹂躙、どんでん返し、美しい画が堪能できます。スタッフもキャストも原作を忠実に再現しながら原作ファンも納得のオリジナリティがあり、傑作です!
ただ!!!!!ほんとうに精神に来る方もいるような物語と画なので、映画「ミスミソウ」は「めちゃくちゃテンションが高く元気があり余っているためどこまで落ちてもまだ元気」という方か「めちゃくちゃテンションが低く元気もないためどこまで落ちても同じ」という方に特にオススメします!!!!!!

2015年、ツイッターを始めた年のミスミソウに関するツイートです。そして今、ミスミソウの実写映画が公開されています。ご査収ください。

ミスミソウにかんしては初日に大津馬中学校3年1組のみんなについては一人ずつツイートしたのともう上映披露会からさんざんワーワー言ってもはや「傑作」「運命」「全ての結晶」「押切蓮介氏推し」「キャストとスタッフの生命に感謝」しか言えない体になりましたが少なくとももっかいは観に行きたい

ミスミソウ3回目なのに最後号泣したんだけど、そのあとまさかまさかの展開があって胃がうねってる(笑)(笑) たぶん見てはいけなかった(笑) 面白い(笑)(笑)(笑)

完成上映会舞台挨拶、黒さん×押切さんトーク、ノベライズ、サイン入完全版、ユリイカ、前日譚掲載漫画アクション、初日舞台挨拶、限定うちわ、ムビチケ、復讐シール、パンフレット、見せびらかしてるわけではなくてミスミソウ関連で漏れてるものあったらご指摘ください!ポストカードは無理だった😭
スポンサーサイト

僕のリヴァ・る (前編:演劇というエンターテインメントについて)

「僕のリヴァ・る」を観ました。
私は「演劇」を観た、と確信しました。

私は映画や小説を通して「俳優が演じている/作家に作られているキャラクター」を見ているのではなく、「ただそこにいる人間」を見ています。つまりは、ただこの世(時折この世ではない世界の時もある)に存在している人間の人生を覗いていると思わせてくれるような作品が好きです。
一方舞台とは、「俳優が演じている」という感覚が最も強い創作物だと思います。「『この世に存在しているあの俳優』が『あの俳優とは違う人間』を自分に重ねてキャラクターを作っている」という現象が舞台上で展開されている事実が生々しく伝わってくるエンターテインメントだと。
だからなのか、私は今まであまり舞台を観に行きたいとは思って来ませんでした。
演じられている劇を生で感じるより、スクリーン越しや紙の向こうで自然と存在しているように思える物語を見ている方を好んでいたのです。

それが、「魚のいない水槽」で目と鼻の先で観て、舞台上でも「俳優が演じているのではなくただそこに存在する他人の人生」が生で感じられることを知りました。
(その後「僕のリヴァ・る」演出でもある鈴木勝秀さんの「魔王 JUVENIELE REMIX」も観たのですがこの作品はちょっと別のところに置いておくことにします。)
「高瀬舟・山椒太夫」で、紙の向こうに存在していた人間の人生が舞台上で再現される可能性を知りました。

そして今回、「僕のリヴァ・る」によって、「『この世に存在しているあの俳優』が『あの俳優とは違う人間』を重ねている」という現象に対して、なんと面白いことか!と自分の心が躍ったことを知りました。
私の目の前にあったのは確かに演じられている劇でしたが、それのなんと、面白いことか。

「僕のリヴァ・る」は三部作で、オリジナル脚本の「はじめてのおとうと」、ゴッホとテオ兄弟を描いた三好十郎の戯曲「炎の人」、シュニッツラーの小説「盲目のジェロニモとその兄」が20分~35分ほどで次々に演じられていきました。
つまりは一つ前の話では違う役をやっていた俳優が新たな役を演じるという、まさに私があまり積極的には感じてこなかった「俳優が自分とは違う人間を自分に重ねてキャラクターを作っている」という感覚をいわば強要されるわけなのですが、それがとても、幼稚な言い方にはなりますが、ワクワクしたし面白かったのです。
俳優本人という軸はぶれず、あらゆる人間が重なっていく。
俳優が自ら重ねて行っている。演じているし、演じられている。
もちろん映画俳優でも、前の映画と全然違う役をしていて感動することはあるけれども、観終わったあとに気が付くことが多かったです。リアルタイムで物語を見ている最中に、「演じられている!演じている!」という感覚を面白く思ったのは、覚えている限りは初めてでした。

「僕のリヴァ・る」一つ一つの感想はまた改めて書くとして。
今回は、初めて演劇という現象を面白いと思ったということ自体が興味深い現象だったことを記しておきます。

屍者の帝国

死体を手に入れ、私に屍者化技術があった時、私は死者を屍者として側に置いておくだろうか。

思った以上に無傷でエンターテインメントだった「屍者の帝国」。
アレクセイが出てきてもニコライが出てきても、その結末がああであっても笑っていられたのは何故だろう……ドストエフ好きーと名乗る資格がないということか……。
それか、「屍者の帝国」が「カラマーゾフの兄弟」の続きではないとどこかで確信しているのだろうか。
「カラマーゾフの兄弟」の二人が「屍者の帝国」に繋がったのではなく、ただ前者から後者へ二人の魂の一端が投げられただけなのだ、とか。

確かにニコライが生者のままあのような形になりそれもアレクセイの手によってああなった時は
「なるほど頭を抱えるとはこういうことか」とドキリとした。しかしドキリとしたのは、その展開自体に対する衝撃からでもあったが、
おそらく皆さんが頭を抱えることになったこの場面を自分があまり悲劇だと思えなかったからでもであった。
「カラマーゾフの兄弟のあの二人がこうなっているわけではない」という思いがどこかにあったのかもしれないけれど。
仮にその思いを認め、ドストエフスキー作「カラマーゾフの兄弟」もこの映画が全く別物だと仮定すると、「屍者の帝国」におけるアレクセイとニコライにとってあの形は別に悲劇ではなかったと思う。あの手段をとることで彼らは永遠に一緒にいることが出来るし、取り返しのつかないことを取り返すことがほぼ出来たのでは。

例えばこの映画を通して制作側が何かをドストエフスキー好きに突きつけているとしたら、私は別に深く考えなかったので突きつけられている!とも思わなかったが突きつけていると仮定すると、以下のようなことなのかなあ。
ドストエフスキー二次創作は好きにやってくれ、行きつく先は皆同じ、死なのだから。それとも死なせるのは嫌?悲劇だと思う?だったらこの映画を見て、ほら、死ななかったよ。
どう、アレクセイとニコライにとってこれは幸せかい。
幸せと思うなら、死んだ後も生き続ければいい。幸せでないと思うなら、死に向かわせてあげたらいい。
どちらも嫌なら、生きている彼らを考えていけばいい。
……みたいな。よくわからん。というかそもそも私はドスト二次をあまり考えないから、完全に後付け。
観賞中に感じたとしたら「こういうアレクセイとニコライもいいかもね!どう!?」みたいな実験的好奇心くらい。
屍者化しての食卓シーンは「うわぁ」とは思ったけれど、そういうカラマーゾフの終わりも一つの終わり方としてあるかもしれない、と納得してしまった。むしろ兄さんがあんなボロッとしていたことに納得がいかない。

達成したら世界を揺るがすような目的を達成したい理由が隣にいる友人ただ一人と一緒にいたいから、という流れは良かった。ワトソンとフライデー。ただそこまでマッドではなかったし、歪んでいるようにも見えなかった。何故だろう。アレクセイとニコライに対しても、ワトソンとフライデーに対しても、刃先が上滑りして傷がつかなかったみたいな感覚。
でも鼻をペンでトントンとか、共に刺すところでフライデーが笑うとか、最後の手をぎゅっとか、人並みに感動したので、「屍者の帝国」が伝えたいことは割と受け取ったとは思う。ただ頭を抱えもしなかったしダメージもあまり受けなかったし、終盤の展開とか画面の見せ方とか少年漫画のようだったので、良い意味で「普通に」という言葉を使うと、
普通にエンターテインメントだった。
上滑りしたと思っていても実はついていた傷に気が付いていないのか、傷が入り込む余地がないのか、傷もつかないほど読み取れていないのか、頭を抱えなかった理由は観賞後数日経ってもよくわかっていない。
観賞中私はふふふと笑っていたし、隣の誘ってくれた友達も笑っている気がした。その笑いの意味合いはおそらく一緒なのだろうと推測は出来ていたけれど、実際にはどう思いながら見ているのかは終わってみないとわからなかった。エンドロールが終わって明かりがついた映画館で、私は映画に対して何も恨んでいなかったし、疲労はあったけど沈んでもいなかった。
面白かったねと言っていいのだろうか、意外と古典的なバトルシーンが多かったよね、狂気もそこまでではなかった、アレクセイとニコライならああいう終わり方もあるかも、とか、何がドストエフスキー好きとして正しい感想なのだろうといったことを考えて、脳内が「?」でいっぱいになっていた。
そうしたらお友達も「?」といった雰囲気を醸し出しており、感想が一致していたので(上記のようなことである)、この方と観に行って良かったなと思った。
帰り道線路に飛び込みたいとかは思わなかった。ただ道行く人を見て「みんな生きてるじゃん……」と多少がっかりした気持ちになった。その後、普通にみんなが生きていることの方が不思議な気がしてきた。

とにもかくにも、「屍者の帝国」は面白かった。
「死体を手に入れ、私に屍者化技術があった時、私は死者を屍者として側に置いておくだろうか」ということをその夜考えたけれど、そうかワトソンにはフライデーとの約束という名目があったからあのような行動に出ても違和感はなかったのだな狂気の科学者のように見えなかったのだただ約束を果たしたかっただけなのだから、と妙に納得した。大事な約束があってもそれによって世界より友人を選んでいるのはおかしいんだと思うおそらく。私も屍者としてでも隣にいてほしいとちょっと思うけれど、たぶんフライデーと違って本人が望まないだろうから(フライデーも本気で望んでいたのかはわからないけれどおそらく本気だったのだと思う)止めておこう。屍者化技術を持っていたら自分のためには使わない。ワトソンとフライデーみたいな二人のために使う。破棄しなくてごめん。

「極上文學 Kの昇天 ~或いはKの溺死~」

「極上文學 Kの昇天 ~或いはKの溺死~」のハチャメチャ感想です。

お友達にお貸しいただき、観ました!
「極上文學」という舞台シリーズで梶井基次郎の同名小説が舞台化されたということを聞き、
しかも俳優にはそんなに詳しくないながら「この人はかっこいいなー」とぼんやり思っていた鈴木拡樹さんが「私」役だと知り、
これは観てみたいと思っていたところにうっかり貸していただけたわけです。

さて結論からいえば、「どの俳優さんに落ちるだろうね!?」と言っていただいていたのですが、
どの俳優さんにも落ちませんでした!な、なんだとー!
もちろんどの俳優さんも良かったです。登場人物のビジュアル等は自分の想像と違ったので(どちらかというと黒髪の鈴木さんがKみたいなイメージでした)、おお、と思い、ちょっとビジュアルがきらきらしすぎているかしらんと最初は思いましたが、だんだんと梶井基次郎の世界に馴染んできていて、感嘆しました。
鈴木さんと平野さんの回を観たのですが、生死の境目にいる人とその人を見ている人、という光景を見事に作り出していて!
その光景が自然だったので、俳優さんのことを考える余裕がありませんでした……!
俳優ありきの舞台ではなく、Kの昇天の中に俳優さんが溶け込んでくれたことが、とても嬉しかったです。

しかしやっぱり落ちるには落ちました。
梶井基次郎、改めて好きです。
あのゴ○ラみたいな、歩き殺せみたいな、夭折なのに儚さのない梶井基次郎さんが書く文章がとても好きです。
危うくて、でも文章は不安定ではなくて綺麗で、光景が美しい。
今回DVDを貸していただけて、梶井基次郎の世界を舞台化するとこうなるのか、と感じさせてもらえて良かったです。

「極上文學」は先日「高瀬舟・山椒太夫」を観に行ったのですが、すごく良かった!詳しくは今日は書きませんが、あの舞台を実際に見られて良かったなあと思います。

あと、高瀬舟も、Kの昇天も、休憩がわりのお楽しみコーナー(?)でめちゃくちゃ笑いました。あはは、って。
プロフィール

えるれ

Author:えるれ
好きなサイボーグは004です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR