スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のリヴァ・る (前編:演劇というエンターテインメントについて)

「僕のリヴァ・る」を観ました。
私は「演劇」を観た、と確信しました。

私は映画や小説を通して「俳優が演じている/作家に作られているキャラクター」を見ているのではなく、「ただそこにいる人間」を見ています。つまりは、ただこの世(時折この世ではない世界の時もある)に存在している人間の人生を覗いていると思わせてくれるような作品が好きです。
一方舞台とは、「俳優が演じている」という感覚が最も強い創作物だと思います。「『この世に存在しているあの俳優』が『あの俳優とは違う人間』を自分に重ねてキャラクターを作っている」という現象が舞台上で展開されている事実が生々しく伝わってくるエンターテインメントだと。
だからなのか、私は今まであまり舞台を観に行きたいとは思って来ませんでした。
演じられている劇を生で感じるより、スクリーン越しや紙の向こうで自然と存在しているように思える物語を見ている方を好んでいたのです。

それが、「魚のいない水槽」で目と鼻の先で観て、舞台上でも「俳優が演じているのではなくただそこに存在する他人の人生」が生で感じられることを知りました。
(その後「僕のリヴァ・る」演出でもある鈴木勝秀さんの「魔王 JUVENIELE REMIX」も観たのですがこの作品はちょっと別のところに置いておくことにします。)
「高瀬舟・山椒太夫」で、紙の向こうに存在していた人間の人生が舞台上で再現される可能性を知りました。

そして今回、「僕のリヴァ・る」によって、「『この世に存在しているあの俳優』が『あの俳優とは違う人間』を重ねている」という現象に対して、なんと面白いことか!と自分の心が躍ったことを知りました。
私の目の前にあったのは確かに演じられている劇でしたが、それのなんと、面白いことか。

「僕のリヴァ・る」は三部作で、オリジナル脚本の「はじめてのおとうと」、ゴッホとテオ兄弟を描いた三好十郎の戯曲「炎の人」、シュニッツラーの小説「盲目のジェロニモとその兄」が20分~35分ほどで次々に演じられていきました。
つまりは一つ前の話では違う役をやっていた俳優が新たな役を演じるという、まさに私があまり積極的には感じてこなかった「俳優が自分とは違う人間を自分に重ねてキャラクターを作っている」という感覚をいわば強要されるわけなのですが、それがとても、幼稚な言い方にはなりますが、ワクワクしたし面白かったのです。
俳優本人という軸はぶれず、あらゆる人間が重なっていく。
俳優が自ら重ねて行っている。演じているし、演じられている。
もちろん映画俳優でも、前の映画と全然違う役をしていて感動することはあるけれども、観終わったあとに気が付くことが多かったです。リアルタイムで物語を見ている最中に、「演じられている!演じている!」という感覚を面白く思ったのは、覚えている限りは初めてでした。

「僕のリヴァ・る」一つ一つの感想はまた改めて書くとして。
今回は、初めて演劇という現象を面白いと思ったということ自体が興味深い現象だったことを記しておきます。
スポンサーサイト
プロフィール

えるれ

Author:えるれ
好きなサイボーグは004です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。