スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIR感想まとめ②

Twitterに投稿していたAIRの感想まとめ②です。

みちるは人間の身体の仕組みの限界により生んであげられなかったのであって「許されなかった」わけではない、美凪は母親の悲しみと心を否定したくなかったのであってそれはみちるの「せい」ではない、でも最後の「おねえちゃん」という架空の事実がそれらをも事実にしてしまっている。#AIR感想

全部みちるのせいではないんだけど、かといって美凪が言っていたように妹が欲しいという自分の言葉に責任を感じることもしなくていい。美凪もみちるも可哀想だし被害者だけど、かといって母親が加害者なわけではないんだよなあ。AIRは、敬介が微妙だけど、でも悪い人は全くいない。#AIR感想

母親との“再会”の時、数秒美凪の子供時代が幾つか映されるのだけど、あの数秒で「自分には娘がいて、可愛くて小さくて確かに温もりがあって、お父さんっ子だったけど私たちは母子でその子を愛していて今この子も私を愛していてくれて、その子の名前は」という母親の想いが見えて泣けた #AIR感想

4人での食卓シーンは衝撃で、見ながら「えっ」て言った。現実なら有り得ない場面で、現実でも成り立ってほしいような、成り立つことが良いことではないような。みちるは自分の母親と向き合っているわけだけど、でも実際には母親ではないし、でも愛しいし、愛しい美凪の母親だし…。#AIR感想

4人での食卓シーンは皆にとって幸せの空間だったから本当に良いシーンだけど、誰にとってどういう幸せだったのかまだ整理がつかない。また考えたい。そして屋上の別れ、ちゃんと2人とも笑ってバイバイしたの偉いよう。。。ここもっかい見直そう…。そして父親の新しい子供の件は 続 #AIR感想

「そんなんあり!?」と思いながらも同時に「良かったねえ美凪…!!」と思ったのも事実なのであった。大事にしたい存在、おそらく大事にしてくれる存在がいてくれて良かったねえ。でもあのみちるはみちるではないのが悲しいし切ないし、でもでも美凪もそれはわかっているんだろうなあ。 #AIR感想

一度美凪とみちるの話は区切り。佳乃と聖、美凪とみちる、晴子と観鈴の母親と、この話は家族の絆の中でも姉妹について深く描かれている。フィクションとして楽しめる兄弟ものを手に取ることが多いので、姉妹の描写は新鮮でもありながら、その場にあるような切なさや心情を感じました。 #AIR感想

5話、神経衰弱のためにトランプを用意して、1枚だけ配り損ねてあっとなって全部ばらばらと落としてしまい泣き出すシーンが共感という意味では一番辛かった。「頑張らなきゃ」という焦燥と必死と息苦しさは観鈴のような境遇じゃなくても経験する、すごくわかる、思い出すだけで苦しい。#AIR感想

今日ここまで…まだ来週末とかに書こうと思います。と言いつつ、美凪とみちるでだいぶ力尽きたし、観鈴と往人、観鈴と晴子の話はどうしようもなくエネルギーを使うので書けるかどうか…しかし本当に良いアニメですね…。 #AIR感想

「頑張らないと」だった。ニュアンスが伝われば台詞ざっくりで書いちゃうけど、観鈴の「遊べる…頑張らないと」「一人でも頑張らないと」という口調は特徴的な気がするので、訂正。観鈴の喋り方とか口癖とか全然好きじゃないんだけど観鈴は観鈴だから…!!!!#AIR感想

AIR、往人と出会った時の観鈴は「不思議で自由奔放な、明らかに放浪の身である男性に何も考えずに話しかける女の子」にしか見えないけど、終盤「そら」を通してほぼ同じシーンが流れて最初はわからなかった観鈴の悲しみと決意が見えた時はかなり衝撃だった。 #AIR感想

風に吹かれて何にも縛られない広い海のように青い空のように立ち風に吹かれている観鈴の姿が、同じ姿なのに、病気に縛られて悲しみの中必死の決意をして心を落ち着かせるために深呼吸をしている姿に変わるの、手法としても凄いし、切なさが膨らんで膨らんで仕方なかった。。。 #AIR感想


またTwitterに書いていきます。
柄にもなく「麻枝准トリビュート」を購入させていただいてしまったので、そちらもちゃんと拝読したいと思います。楽しみ!

スポンサーサイト

AIR感想まとめ①

Twitterに投稿していた、AIRの感想です。

わかりやすい"SKY"で「空」ではなく"AIR"で「空」にしたのは何故だろう、これが物凄く良い題名だったと思う…。空、上、という単語は物語の中でもよく出てくるけど、airの方が物語全体に漂う夏の空気を常に感じるし、上と地上が繋がっているのがよく表されてると思いました。#AIR感想

ふだんアニメそんなに見ないし原作を享受するの大好き人間だからあまり考察もしないし感想なんかは「あーーー!!!!」しか言えなくてヘタクソすぎるからちゃんと書かないけどAIRちょっと今日の夜喋らせてください……観鈴ちん……。 #AIR感想

そもそもAIRは原作ゲームということで、往人が佳乃か美凪の傍にいるという結末がある、ということが信じられない…いや2人が嫌なわけじゃないのだけど2人の傍にいても観鈴は過酷な運命を辿ることに変わりはないんだよね?そうなった時往人は観鈴と関わろうとはしないってこと??#AIR感想

往人の佳乃と美凪への関わり方、ゲーム知らないから言えるのかもしれないけどアニメの関わり方がベストだったのではと思ってしまう。ちゃんと2人とも助けて確かな友情をお互い手に取り合って、その過程で観鈴との絆を深めていったあの形。最後まで見て観鈴に肩入れしてるからかしら…。 #AIR感想

観鈴がメインのターン(全12話の中盤くらいから)になってから2人がほぼ出てきてないのは彼女たちの心の揺らぎとか捕らわれていたものに決着が着いたからということでいいのよね。全12話だったけど完全に佳乃編、美凪編、といった分かれ方してたからそういうものなのか。 #AIR感想

「生まれることが出来なかった子供が一時的にこの世に生を受けて出会いたかった人に会いに行く」という話に似た話、私も書いたことがある(それはある種明かしがあるのですが)のですが、それにしても「これはーー!!これはーーー!!!!」となった…。姉妹…!!!! #AIR感想

そういえば私は「女の子/男の子がいっぱい出てくる!」で話の殆どを説明出来るような話が苦手で、典型的な性格を持ち心情機微も型に嵌ったようなキャラクターを眺めることも気が進まないなので、美少女攻略ゲームや流行りの男子をなんちゃら育成ゲームは全く興味がないのです…なので続 #AIR感想

本来ならみちるは勿論、観鈴も全然好きなキャラクターじゃない、のですが、AIRはその「典型的」になるまでの過程やそんなキャラクターを形作っている心情がとても丁寧に描かれていて共感と好感が持てます。ゲームだと自分の選択でキャラの心情が決まる?のかもですが必要ないくらい。 #AIR感想

「本当のみちるはこの世に生まれることを許されなかったけど…」の重みが、いや聞いたことがあると言えば聞いたことがある展開だけど、それでも何で生まれられなかった子供が「自分は許されなかった存在」だと思わなければならないんだろう!?とショックを受けたし可哀想だった…。#AIR感想

流産により生まれなかった子、堕胎により生まれなかった子、私はどちらに対しても何も出来ないし何かの活動をしようとしたことすらない。ひたすらに「そうか…」と胸を痛めるしか出来ない。生まれなかった子たちは存在することを許されなかったと思っているのかもしれないと思うと苦しい。#AIR感想

「私はあなたがいるから私でいられる」といったフレーズは他物語にも時折出てくるけど、「私はみちるがいるから美凪でいられた」は込められている意味が重かった。家ではみちるとして生きる決心をして(生きざるを得なくて)美凪という自分の忘却に徹してたけど、みちるとの出会いが 続 #AIR感想

自分はやっぱり美凪だと思わせてくれて、名乗れたんだね。みちるがいなければ美凪はもう家以外のどこででもみちるとして存在するしかなくなっていたかも。「あなたがいるから私でいられる」は依存状態の時にも使われると思うけどこの場合は自律と自己肯定のための 続 #AIR感想

「みちるがいるから美凪でいられる」だったのが凄く良かった…。あと「会って慰めたい子がいたから…」という言葉も、みちるも美凪も可哀想で可哀想で。みちるは「生まれることを許されなかった」自分の「せいで」悲しんでいる「おねえちゃん」を慰めたかったわけでしょう!可哀想すぎる。#AIR感想



②に続きます。
プロフィール

えるれ

Author:えるれ
好きなサイボーグは004です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。