スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いやだ」②

「いやだ……いやだ!」
僕の口から初めて、明確な、はっきりとした、大声の拒絶の言葉が飛び出した。
赤島はにやりとして「何だ、今までずうっと黙って俺に殴られてたから、お前にはそういう言葉を言う機能が欠けてるのかと思ったよ」と言った。でも僕の左腕を掴む左手の力も、僕の首を掴む右手の力も緩めようとはしなかった。
「お前、死ぬかもって思ったからやっと拒否したの?てことは今までは別に死なずに耐えられると思ってたんだよな?ああー甘かったわ、もおっと毎日死にたいと思わせておけばよかった。それか、死にたくない、生きたいと思わせておけばよかった」
赤島は本気で後悔しているように項垂れた。でも次に顔を上げたときも、やっぱりにやついていた。ほとんど、拷問を楽しもうとしているような表情だった。僕は、こいつは本当に頭がおかしいんだと、半年間殴られ続けてやっと気が付いた。
「今までだって思ってたよ、こんな毎日、死んだ方がマシだって!理由もわからず、痛い思いばっかりさせられて」
「あれ?言ってなかったっけ?」
赤島は本気で不思議そうな、素っ頓狂な声を出した。僕は慌てて再び口を開いた。
「どんな理由であれ、ここまで殴って、蹴っていい理由にはならないはずだ……!俺が何かしたならそれを謝るから、それを埋めるから!いやなんだ、もう母さんに心配かけるのはいやだっ」
「なあ、お前、母親のこと愛してるの?」
赤島は急に声のトーンを落とし、真面目な調子で言った。僕は突然出て来た「愛してる」なんていう単語にひっと息を飲んだが、脳裏に母さんの疲れた笑顔が浮かんできたから、ちゃんと答えた。
「これが愛だってはっきり思ったことはないけど、たった一人で僕を育ててくれた母親なんだ。とても大事に思ってる」
「じゃあ母親からの愛は、いやじゃない?」
「……いやじゃない」
すると赤島はからりと明るい笑顔を見せた。しかしそれはすぐに、先ほどのにやつき――しかもそこに、何か特殊な何かが混ざった笑みをたたえて、ぐっと僕に顔を近づけた。
「俺、お前のこと好きなんだよね。それが理由だよ。人間の一番強い感情って、『生きたい』か『死にたい』だと思うんだよね。辛くてきつくて泣きそうなところまで追い詰められたとき、『こんなんでも生きたい』か『こんなんなら死にたい』のどちらかは思うじゃん。俺が一番の感情をお前にあげたくてさあ。好意だよ、愛だよ」
赤島は今まで俺につけた痣や傷の全てを撫でまわす。僕は頭がまわらずされるがままになっている。まわらない頭で、赤島の笑みに混ざる特殊な何かが、欲情だと気が付いた。
「なあ、それでも、いやだ?」
スポンサーサイト

「いやだ」①

食え、と言われたのでまた口を閉じた。先ほどは喋れと言われたから閉じたのだった。
足立と名乗った、狼のような顔をしたオッサンは、あからさまに大きなため息をついた。
「やめろ。そういう意地の張り合いは何も生まないぞ。自分で死を引き寄せてるだけだ。まださっきの方がわかる。仲間の死を引き寄せたくないんだろ」
足立はパンを床に放った。私に与える食料だろうけど下から見たら何が入っているのかわからない平たい器は、まだ手に持っている。
「私は感謝している」
急に私が話し始めたので、足立は驚いたようだった。私はまだ目を閉じたままだったけれど、空気の揺れ方でわかったのだ。
「今まで私、人を率いたり、自分で人の道を決めたりするのはもちろん、自分で意思をはっきり示したことが少なかった。ううん、少なかったじゃなくて、無かったと思う。でもこうなって、初めて私、自分で意思を示そう、そうしないと何も変わらないと思えた」
そして私は目を開けた。
「喋るのも、食べるのも、いやだ」
足立は驚きと呆れが混ざった表情で、口の端をぴくぴくと震わせた。
「私は私を強くしてくれた足立に感謝してる」
私はまっすぐに足立を見上げた。
「じゃあ俺は」
足立は意外にも、唇の右端をぐっと引き上げた。
「お前が喋らないのも、食べないのも、いやだ」
足立は半分面白そうに言った。
私たちは睨み合った。私は目にあらん限りの力を込めて足立を見上げ、足立はにやついて私を見下ろしていた。
プロフィール

えるれ

Author:えるれ
好きなサイボーグは004です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。