スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年

本年も大変お世話になりました。
2015年も生きました。
今年は自分が書いたものが本になるという素晴らしい経験をさせていただきました。
物書きについては、また近々、2015年のことを振り返りつつ2016年のことについて書きたいと思います。

以下、何も考えずに書きます。

今年は特に何かを深く考えた年というわけではなかったけれど、遂に前向きに生きられそうになった矢先に、だったので、
今までで一番殺意と共に生きた年だったと思います(年の瀬ぎりぎりに物騒な笑)。
つまり今年も、とても楽しくても内臓のどこかに鉛がある毎日を過ごしてきました。
私の人間性がこういうものだと知っている人はあまりおらず、自分で言うのはなんですが明るい人間だと思われていそうな気がします。
今年から仲良くなった男の子に「世間知らずなお嬢様っぽいよね」と言われたことがあり、その子がデリカシーのないことを言うのはいつものことなのでウエェと思いながらもはいはいと思っていたのですが、段々と「これは私の勝利なのでは?」と思えてきました。
何も重くなく毎日楽しく過ごしている人間だと思わせることが出来ていることは大勝利なのでは。
しかし2015年も終わりに差し掛かったころ人生でほぼ初めてぐしゃぐしゃが露呈し始めてしまいおそらく限界なのだろうと思いました。
でも露呈しても良いことはありませんでした、別に認めてもらえなかったとか否定されたとかではなく、自分が楽にはならなかったそれだけです。
だからもう鉛とともに生きていこうと決めました。
こうして生きていこうと思いました。
何故「生きていこう」と思いながら生きていくことになったのだろうと思うと空しい気もします。こんな風になってしまい、しかもそれが自分の中で完結しているのだから、世界は何も変わらない。別に変えたいとか変われとか思わないけれど。

と言いながら、今年下期に変な人に絡まれる事件があったのですが、その時に「大人が助けてくれる」という現象がありその温かさに驚きました。
誰かが助けてくれるということもあるのだな。
それはおそらく、今まで求めずにも助けてくれる人が周りにいたということでもあるのだと思います。
でも暮らしや仕事の部分ではなく、精神的なところを他者が助けてくれるという現象があるのだということを自覚したのは初めてでした。
でも、思い返してみると、きっと高校や大学の友達や物書き仲間さんがいなければ私はとっくに死んでいたと思うし、妹も母も好きなので、生きているのはきっと誰かに助けられてきたからなのだと思います。

私は自分が好きなものは本当に好きだし、自分が好きなものを好きになった自分には感謝しているので、
これからも自分が好きなものに生かされていくと思います。
自分が好きなものに出会えた生活はこの人生しかないかもしれないから、その点では人生を大事にしたいと思います。

過去のこと最近のこと、楽しいこともたくさんあった。
未来のこと、たぶん楽しいことがたくさんある。
私は結局生かされているし、贅沢にも死んだら悲しんでくれる人もいる。

自分のことを書くのは恥ずかしいことです。
自分の鉛を吐き出すのは甘えのようだと思います。
でも今年はこんな年でした。
こうして生きた年でした。
いつものことでした。
でも、鉛を飲みながらも、楽しいこともたくさんありました。
来年も楽しいことがたくさんあります。
それを楽しんでいればいいのです。
いつか鉛がごろりと出てくるか、どろりと出てくるか、その日まで生きるのです。
その日からも、また、生きるのです。

2016年も生きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えるれ

Author:えるれ
好きなサイボーグは004です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。