スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピードと摩擦

スピードと摩擦、火花を散らして。
スピードと摩擦、内臓を焦がして。

amazarashiの2nd Single、「スピードと摩擦」。
前作の「季節は次々死んでいく」とは違うカラーの曲調と歌詞。
江戸川乱歩を題材としたアニメのOP曲だからか、曲調は乱歩が持つ不穏さも匂わせ、しかし疾走感があり爽やかささえ覚える。
次々に繰り出される歌詞は光景の想像が容易には出来ない言葉で、「夏の庭に犬の骨」「獣と人の分岐点」などおどろおどろしさが漂い、しかし力強く、裏返してみるとどのような光景も想像出来る。
必死に走って焦って進んで焦って、といった光景、といったようなことを秋田さんは言っていた。
スピードが上がれば摩擦が起こる。
もっと上げなきゃ、上げなきゃ、スピードを、スピードを出せ、ああ、でもそうしたら。


曲を出す度に、「らしさ」を出しながら「らしさ」に捉われずにいてくれるamazarashi。
音楽の感想を書くのは難しい。だから私が書いているのは感想ではなくて、ただ「なんかもうとにかくかっこいい」という気持ちをどうにかして言語化しようと思ったけどうまくは出来なかった痕跡。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えるれ

Author:えるれ
好きなサイボーグは004です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。